マインドフルネス

マインドフルネスとは、今の瞬間だけに意識を向け、それに対する思考や感情にとらわれないでいる心の持ち方です。イベントの日程を作成する際は、参加者が休憩したりリフレッシュしたりする時間をたっぷり取りましょう。そうすることで、参加者の集中力が高まり、ベストな状態で参加でき、最高のイベント体験をつくり出すことができます。

可能であれば、客室を使用して、セッションとセッションの間に参加者が瞑想やヨガをするスペースや、心を落ち着かせる静かな場所を設けるのも一案です。また、頭を休め、リラックスするのには、読書、ぬり絵、粘土細工、編み物などの静かなアクティビティも適しています。

 

その他にも次のようなアイデアがあります。

  • 地元のスパ、病院、大学から講演者を招き、瞑想が健康にもたらすメリットや、人間性を豊かにするなどの効果について講演をしてもらいます。
  • 地元のウェルネス分野の専門家を招き、イベントのオープニングで、マインドルフネス瞑想セッションを行います。終日イベントでは、途中に何度かはさむ休憩時間のたびに、瞑想、呼吸のエクササイズ、ストレッチ、サウンドバス(音浴)などのセッションを開催します。
  • 参加者のウェルカムパックの中に、参加者が自分の部屋に戻って瞑想やストレッチを行うときに役立つ、基本的なヒントが書かれた冊子を入れておくというのも一案です。