ウェルネスをイベントに取り入れる

ウェルネスの図解イラスト

心身一体のホリスティックなアプローチ

私たちの目標は、参加者が心身と精神を健康に保つために役立つウェルネスのリソースを提供することです。運動や栄養学、マインドフルネス、医療など、参加者が健康を増進して最高の体調を発揮できるよう、さまざまな資料やヒントをご用意しました。

5つの重要な要素

イベントでウェルネスを推進

フィットネス

ミーティングやイベントに運動を取り入れる方法は数多くあります。一部の対象ホテルは、室内でエクササイズができるFive Feet to Fitnessルームをご用意しています。

マインドフルネス

マインドフルネスとは、今の瞬間だけに意識を向け、それに対する思考や感情にとらわれないでいる心の持ち方です。

活性化

スパを利用したりトリートメントを受けたりするヒーリング的休憩は、心身と精神の活性化に効果があることが実証されています。

栄養

さまざまな種類や分量の食事を用意し、参加者の食事に関する好みやアレルギーを事前に確認して、すべての人が楽しめる健康的な食事を提供しましょう。

医療

診療から遠隔医療サービス、新型コロナウイルス検査(利用可能な場合)まで、出席者の医療ニーズを満たします。

エキスパートからのアドバイス

ウェルネスのヒント

ボディ(身体)マインド(意識)スピリット(精神)

ウェルネスのケーススタディ

ヒルトンは、常にワークライフバランスを奨励しています。バーチャルと対面式どちらのイベントでも、午前中の運動や夕方のレセプション、カジュアルなネットワーキングタイムなど、心身の健康を増進する休憩を取り入れることをお勧めします。