ハイブリッド・イベントのコンテンツ

コンテンツのイラスト

自然なコンテンツの流れが魅力的なイベントを作る

ハイブリッド・イベントのプランニングを始める際は、エンゲージメントの目標を設定することが重要です。まず、参加者にイベントのコンテンツをどのように受け取ってもらいたいかを決めてから、エンゲージメントの詳細を計画します。エンゲージメントは、チャット機能のようなシンプルなものから、投票システム、ライブの質疑応答、写真やビデオのアップロード、ブレイクアウトルーム、書類共有のような複雑なものまであります。イベントがどのようなエンゲージメントを必要とするかによって、選ぶべきプラットフォームが変わります。プラットフォームのコストは、エンゲージメントの複雑さによって変わります。

エンゲージメントの目標を設定

多彩なエンゲージメント方法

チャット

気楽なネットワーキングからバーチャル形式のレセプションまで、チャットルーム機能を使ってコミュニティを作り、アイデアを共有しましょう。

投票

イベント前はイベントの好みを、イベント中は視聴した講演を、イベント後はフィードバックを、それぞれ投票で参加者に尋ねましょう。

ライブの質疑応答

リアルタイムの質疑応答セッションは、バーチャル参加者を惹きつけ、イベントのコンテンツ配信と共に質問の機会を提供できます。

写真とビデオのアップロード

ウェルカムビデオ、セッションのビデオ、講演者のインタビュー、イベントの写真といったコンテンツは、バーチャル参加者にパーソナルな体験を提供できます。

ブレイクアウトルーム

大勢のバーチャル参加者を少人数に分けて、効率的な共同作業やネットワーキングがしやすい小規模なバーチャルルームに招待しましょう。

書類の共有

パンフレット、研究報告、インフォグラフィックなどのイベント用書類をオンラインで公開することで、参加者は自社のスタッフと簡単に共有ができます。

エキスパートからのアドバイス

コンテンツのヒント
実例紹介

ハイブリッドのコンテンツのケーススタディ

ハイブリッド・イベントの時間やタイミングはイベントによって異なります。業種やエンゲージメントの目的に応じてハイブリッド・イベントの予定やプログラムがどのように変化するか、詳しくはPlaybookに掲載されたケーススタディをご覧ください。