陸上交通

送迎車のチャーターとデスティネーション・マネージメント

参加者のプライベート送迎を手配することは、イベントにおいて、基準を満たす期待通りのクオリティを実現する一手段となるでしょう。また、乗客名簿に旅行の詳細情報を記入してもらうことで、参加者の到着時刻と出発時刻を把握することができます。この情報を用いて、客室やウェルカムアメニティの準備、登録時間の調整を行います。

VIP参加者には、空港等での出迎えサービスも検討しましょう。これは、特別なお客様にカスタム仕様の特別な体験を提供する優れた方法であると同時に、ホテル到着時刻を正確に把握する手段にもなります。

多くのホテルが、送迎デスクを設置しているか、提携している交通・輸送会社による送迎サービスを提供しています。さらに一歩進んで、陸上交通に関するすべての手配をデスティネーション・マネージメント・カンパニー(DMC)に委託するという方法もあります。別のディナー会場への移動、チームビルディングの活動、ネットワーキング・イベント、あるいは単なる空港送迎など、どのようなケースにおいても、DMCに依頼することで、プランニングの過程におけるさまざまな負担が軽減されるでしょう。

お客様のイベントに適した優良な送迎サービスプロバイダーやDMCをご紹介することも可能ですので、担当のイベントマネージャーにご相談ください。

レンタカー

地域内や短距離の移動であれば、飛行機の代わりに、レンタカーやハイヤーを利用するという方法もあります。同じエリアの複数の場所に移動する必要がある場合は、目的地同士がそれほど遠くなければ、レンタカーのほうが飛行機よりも時間や費用の節約になるケースもあるでしょう。お客様のイベントに適した現地のカーサービスや優良なレンタカー会社の情報については、担当イベントマネージャーがご案内いたします。

タクシー/ライドシェア

タクシーやライドシェアは、イベント開催地の空港や駅に到着した参加者が、目的地まですばやく移動できる便利な手段です。地域によっては、他の交通手段よりも、タクシーやライドシェアのほうが手軽に利用できることもあります。団体料金についても忘れずにご確認ください。ライドシェアの場合、固有のコードを設定するだけなので手続きは簡単です。設定したコードは、複数の参加者に発行することができます。担当のイベントマネージャーが、お客様のイベント開催地に最適な選択肢をご提案します。

多くのタクシー会社がアプリでの支払いに対応しています。アプリを利用することで、経費報告も簡素化できます。

タクシーやライドシェアは、事前予約できることが多いので、あらかじめ参加者に伝えておきましょう。早朝に到着するフライトの場合は、特に便利です。

公共交通機関

参加者の出発地や到着地によっては、長距離でも短距離でも、公共交通機関が最も楽で便利というケースもあります。複数の路線が乗り入れるハブ駅やターミナルは、都市の中心部に位置していることが多いため、短距離の移動の場合はなおさら便利でしょう。公共交通機関は、飛行機に比べて料金が手頃であることが多く、温室効果ガスの削減にもなるため、開催するプログラム全体のカーボン・フットプリントの低減にもつながります。渋滞が多いエリアでは、公共交通機関を利用するほうが早い場合もあります。

利用可能な公共交通機関の情報については、担当のイベントマネージャーがご案内いたします。

ホテルのシャトルバスおよび駐車場

ホテルのシャトルサービスは常時、ヒルトンCleanStayガイドラインに従って運行しています。シャトルバスのドライバーは、現地の規制、ベストプラクティス、ガイダンスに従って、乗客との近距離での接触を避けるようトレーニングを受けています。可能な限り、後方ドアからご乗車いただくようご案内し、乗車中はドライバーから離れた場所に座り、または立ち、規定された距離を超えてドライバーに近づかないようお願いしています。

駐車場係員、ドア・パーソン、ベル・パーソンなどのチームメンバーも、ヒルトンCleanStayガイドラインを遵守し、お客様のお車の取り扱いには細心の注意を払っています。地域のミーティングに自家用車でお越しのお客様向けの、セルフパーキングの特別なご要望にも対応できる場合があります。お客様のグループにご利用いただけるオプションについては、担当のイベントマネージャーとご相談いただくことをお勧めします。